HOME>特集>価格が高くて販売量が決まっている国産品と比較する

目次

厳しい審査と高い価格設定

コムハニー

市販されている蜂蜜には色々な種類があります。量的には一緒でも価格は培違っていたりすることもあります。そのため蜂蜜を安心して購入するためには、価格や相場を理解しておく必要があります。「日本養蜂はちみつ協会」により定められた基準をクリアしているものが国産の蜂蜜です。中でも含まれる水分量や、糖分量に関しては厳しい基準が定められています。また国産の方が海外産に比べ金額が高い傾向にある理由は、日本人の国産を好む傾向からとも言えます。さらに輸入物の中で多くを占める中国産は日本産より安価なものが多く、その理由は中国と日本の人権費の違いも1つの原因と言われています。

安価な海外品と高価な国産品

海外から蜂蜜を輸入する際には、加熱処理を施すという決まりがあります。この加熱処理をすることで国産と比べ風味などが劣ってしまうことが多いようです。ただ加熱処理を施せば賞味期限は長くなり価格もより安くなります。日本のスーパーなどで安く販売されているものは、殆どが中国産で中には1キロあたり数百円のものもあります。国産の蜂蜜を購入するためには養蜂場の直売所かデパート、通販などでも購入は可能です。高価な国産蜂蜜は昔からレンゲやリンゴ蜂蜜などが有名です。これらが高価な理由は特定の花の蜜を摂取して作られているからです。

広告募集中